カーポート設置時の注意点

カーポートを設置する時の注意点

車を新車で購入した時ほど傷などが付かないように気を使うと思います。
そういった場合住宅にカーポートを設置しますが、カーポートにもいろいろなサイズや種類があるのでどれにしていいか分からない事があると思います。
住宅を建てた後からも設置出来るのでどういう目的で設置したいのか慎重に考えてみましょう。

 

 

カーポートを設置する時はまず何を目的にしているのかを考えます。
設置する主な理由は日差し避けか雨や風の対策でどちらにするかで選び方は変わってきてしまいます。
雨や風の対策ではより丈夫な材質でないとすご破損してしまう可能性もあるのでその辺りをまず考えましょう。

 

 

カーポートは一戸建ての住宅に設置する場合がほとんどですが、一戸建ての場合は駐車場の広さや隣の住民の事も配慮しなければいけません。
まず駐車場の広さをしっかり計測してそれに合ったサイズのカーポートを設置する事が重要です。
サイズが合っていないとドアが開けにくかったり、車がカーポート内に入り切れていなかったりする場合も考えられるので注意が必要です。
またカーポートのサイズが大き過ぎたりしてしまうと隣の住民に影響してしまう場合もあるので設置する時は隣の住民と話し合っておく事も大切です。

 

 

カーポートを設置する目的のひとつに風の対策があります。
そのため風向きを考えて設置しなければいけません。
風向きは地域によって変わってくるので自宅周辺の風向きの特徴をしっかり把握しておく必要があります。
何も考えないで設置してしまうとカーポートを設置しても風対策にならない場合も考えられるので注意しましょう。
また自宅周辺の風が強いという特徴であればカーポートを支える柱が一つだとすぐ壊れてしまう可能性もあるので両側に柱を付けて安定させるようにするといいでしょう。

 

業者選びも慎重に行って必ず見積もりはしてもらうようにしましょう。
見積もりに不備が多い場合には悪質な業者の可能性もあるのでその辺りをしっかり見極めて業者を選んでいきましょう。

 

優良工事店を探すなら